『ことばの生まれる景色』
5c385f7e2a28624da17fdeab 5c385f7e2a28624da17fdeab 5c385f7e2a28624da17fdeab 5c385f7e2a28624da17fdeab 5c385f7e2a28624da17fdeab 5c385f7e2a28624da17fdeab 5c385f7e2a28624da17fdeab

『ことばの生まれる景色』

¥2,484 税込

送料についてはこちら

『ことばの生まれる景色』 文:辻山良雄 絵:nakaban 東京・荻窪の本屋「Title」の店主、辻山良雄が選んだ大切な本。画家nakabanは、その魂をすくいとるように絵を描きました。エッセイ集としても、画集としても楽しめる、絵と文が並び立つ、オールカラーの贅沢な一冊! (出版社紹介文より) 荻窪の本屋Title辻山良雄さんが選んだ本の紹介文から育ったエッセイ、画家nakabanさんがイメージを膨らませ描いた絵。一冊の本となり手の中で見る読む贅沢。 2019年1月10日 初版第1刷発行 発行:ナナロク社 ブックデザイン:鈴木千佳子 仕様:264p、四六判上製 辻山良雄(つじやま・よしお) 1972年兵庫県生まれ。書店「リブロ」勤務を経て、2016年1月、東京・荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店「Title」をオープン。新聞や雑誌などでの書評、カフェや美術館のブックセレクションも手掛ける。著書に「本屋、はじめました」(苦楽堂)、「365日のほん」(河出書房新社)がある。 http://www.title-books.com nakaban(なかばん) 1974年広島県生まれ。画家。旅と記憶を主題に絵を描く。絵画作品を中心に、イラストレーション、絵本、文書、映像作品を発表する。新潮社「とんぼの本」や本書の著者・辻山良雄氏の本屋「Title」のロゴマークを制作。主な著書は書籍「窓から見える世界の風」(福島あずさ著/創元社)、絵本「よるのむこう」(白泉社)「ぼくとたいようのふね」(BL出版)など。 http://www.nakaban.com