『だんだん だんだん』たけがみたえ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

『だんだん だんだん』たけがみたえ

¥1,320 税込

送料についてはこちら

*サイズが大きいのでゆうパックでの配送になります。 『だんだん だんだん』 作・絵:たけがみたえ 夕方の散歩。だんだん空の色が変わり生き物たちも動き出す。おじいちゃんがくれた小さなびんは何にするのかな?湿度や音の感覚をも鮮やかに描き出した瑞々しい絵本。 《出版社紹介文より》 夕方、よっちゃんはおじいちゃんと散歩に出かけました。 だんだん家が遠くなると、あたりはだんだん草ぼうぼう。 空はだんだん夜の色。 だんだんだんだん暗くなり、そして出会ったのは… 草の中にはバッタやカマキリ。空にはコウモリ。田んぼからカエルの鳴き声。そして、ホタルたち。自然の中の営みと、それらに出会えた驚きや喜びを、版画で臨場感豊かに伝えます。 発行年:2021年5月 第一刷発行 出版社:ひさかたチャイルド サイズ:25cm×25cm/24p 竹上妙(たけがみたえ) MOKUHANGER 1986年東京生まれ。2008年和光大学表現学部芸術学科卒業。2008年より個展、グループ展を中心に活動。「見たら見られた」をテーマに制作しています。 http://takegami-tae-hanga.jimdo.com