『愛蔵版 絵のない絵本』★松村真依子サイン本
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

『愛蔵版 絵のない絵本』★松村真依子サイン本

¥2,640 税込

送料についてはこちら

『愛蔵版 絵のない絵本』 ★松村真依子サイン本 作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン 訳:大畑末吉 絵:松村真依子 月が語る33夜の物語。アンデルセンのお話を松村真依子さんが豊かなモノクロームで彩ります。本棚で長く読み継がれるであろう美しい一冊。 《出版社の紹介文より》 「この世界の生活は、月にとっては一つのおとぎ話にすぎません」 ひとりぼっちの若い絵かきのもとへ、夜ごと友だちの月が訪れて、空から見たことを聞かせます。月のまなざしが照らしだすのは、悲哀に満ちた地上の人びとの風景。旅を愛したアンデルセンの詩情あふれる名作を、絵本作家・松村真依子の柔らかな水彩絵で贈ります。 出版社:岩波書店 仕様:14.8 x 17.4 x 2.2 cm/上製本/函入/230p ◎松村真依子『愛蔵版 絵のない絵本』原画展 2022年 4月21日(木)~5月2日(月) *26(火)・27(水)休み http://uresica.com/gallery.html#mayko 松村真依子(まつむら まいこ) 画家、絵本作家。奈良生まれ。京都精華大学でヴィジュアルデザインを専攻。2009年ボローニャ国際絵本原画展入選。出版物に『あなたはせかいのこども』(ほるぷ出版)『わたしはしらない』(えほんやるすばんばんするかいしゃ)など、私家版の絵本に『まどのむこうには』『わたしのたからばこ』『はじまるはじまり』など。娘二人を育てながら、絵を描く。