{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

『ダーラナのひ』nakaban

¥1,540 税込

送料についてはこちら

『ダーラナのひ』 文・絵:nakaban 旅の途中にたどり着いた浜辺。声に導かれ焚き火をするダーラナ。夕暮れの色彩に引き込まれるうちに、藍色の闇にはじける火。目の奥から記憶の風景へと辿る。炎のようにずっと眺めてしまう素晴らしき旅の絵本。 《出版社の紹介文より》 ダーラナは旅のとちゅう、浜辺にたどりつきました。 「ダーラナ ダーラナ わたしたちを あつめてごらん」 「たきびをして あたたまっていきなさい」 ささやき声にみちびかれ、ダーラナは枝をあつめて火をつけようとしますが、マッチがなかなか見つかりません。すると、夕日の最後のひとかけがはじけて、枝のこやまに飛び込みました。ちいさな火は、だんだんと大きくなって、ダーラナをあたためます。やがて、夜も深くなってきました。火を見つめるダーラナがおもいだしたのは……。 旅のとちゅうでふと出会う、魔法のような時間。 おもわずじっとみつめてしまう、焚き火の絵本です。 発行日:2021年11月  出版社:偕成社 仕様:21×27cm/32p/上製本 nakaban(ナカバン) 1974年 広島県生まれ。画家。 旅の記憶を主題とし、絵の中を旅するように風景を描き続けている。また音楽家のトウヤマタケオと「ランテルナムジカ」を結成し各地でライブを行う。2013年には新潮社の「とんぼの本」のロゴマークを制作。近年は絵本を数多く発表。主な作品に「よるのむこう」(白泉社)「ころころオレンジのおさんぽ」(イースト・プレス)「みずいろのぞう」(ほるぷ出版)「ぞうのびっくりパンやさん」(大日本図書)「うみべのいす」(佼成出版社)他多数。 http://nakaban.com