{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

『火曜日のくま子さん』高橋和枝

¥1,430 税込

送料についてはこちら

『火曜日のくま子さん』 著:高橋和枝 《出版社からの紹介文》 あの日の自分が、いとおしくなる。夫もいないし子供もいない。収入もたいしたことない。でも 仕事も好きだし友達もいるしひとりの時間もいい。春がくることがあたり前じゃないと、若い頃よりずっと深く知っている……。40代・独身・在宅ワーカー。くま子さんの7年間。 出版社:中央公論新社 発行:2022年4月7日 仕様:並製本/144p/18.3×21cm 高橋和枝(たかはしかずえ) 1971年神奈川県生まれ。教育学部の美術科で日本画を学び、文具デザインの仕事を経て、書籍の挿画や絵本創作に携わる。著書に『くまくまちゃん』(ポプラ社)、『りすでんわ』(白泉社)、『くまのこのとしこし』『トコトコバス』(講談社)、『あめのひのくまちゃん』(アリス館)、『あら、そんなの!』(偕成社)など。絵を手がけた本に『あ、あ!』(ねこしおり・文/偕成社)、『月夜とめがね』(小川未明・作/あすなろ書房)などがある。