{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

『すてきなおみせの包装紙レターブック』

¥1,870 税込

送料についてはこちら

『すてきなおみせの包装紙レターブック』 監修:杉浦さやか つい取っておきたくなる包装紙が切り取って使える一冊に。鳴子温泉桜井こけし店や西荻イトチも掲載されています。眺めて楽しいし、実際に訪ねて品物を買って包まれたものを持ち帰りたくなります。 《出版社の紹介文より》 全国の菓子店や雑貨店の包装紙には、センスと思いが詰まったものがたくさんあります。しかし、折り目や汚れがついてしまうことも多く、「もったいない」と感じつつ捨てている人も多いはず。そんな「包装紙」を便箋にして、使いやすいレターブックに仕立てました。「この店、私も好き!」「ここの菓子、小さい頃によく貰ったなあ」と、手紙からさらに話が広がる一冊です。人気イラストレーター・杉浦さやかさんによるオリジナル便箋や、ラッピングアレンジもご紹介します。巻末には、杉浦さやかさんオリジナルデザインのレターペーパー4種(各2枚)も収録! 出版日:2022年5月30日 出版社:淡交社 サイズ: A5判変型 14x21 cm/160p/ソフトカバー 杉浦さやか 1971年生まれ、愛知県出身。10歳より東京都の杉並で育つ。日本大学芸術学部美術学科を卒業。大学在学中よりフリーのイラストレーターとして活動を開始し、女性誌や書籍にて挿絵を手がける。著書に『レンアイ滝修行』(祥伝社)、『うれしいおくりもの』(池田書店)、『おきにいりと暮らすABC』(白泉社)など。 https://www.shodensha.co.jp/ssp/